読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

54ブログ

ビジネスモデルまにあ

『仕事内容や成果を表現することは難しい。』

東京は暑くなりましたね〜、すっかり夏の雰囲気、太陽も気温も気候もキラキラしてます。

 

独立してからよく聞かれることがあります。

それは、

『株式会社54として、どういう仕事されているのですか?』

『54さんって、日々なにしてるんですか?』・・・(※1)

というもの。

 

「・・・普通に働いてますよ。」

という回答しか出来ず、

何だか社会に関係していないように言われることが多々あるので、ちゃんと仕事内容について話しておこうと思ったのですが。

 

 

コンサルティングって具体的に何をするんですか? 何しているんですか?』

『どんな成果が出てるんですか? 役に立ってるんですか?』・・・(※1)

という、至極真っ当な質問を受けて、タジタジしてるとますます怪しくなってしまう。

 

 

「これはどうしたものかな〜、、、」と、思い悩んでいたところ、

PR-Tableというベンチャーがつくった非常に良いサービスがあったのでこちらを活用しました。

 

www.pr-table.com

 

 

要は、

  • モノをつくる仕事
  • 誰もが触れるサービスを提供する仕事

ではなく、

  • BtoBサービス
  • 見たり触れたり出来ないサービス業

コンサルティングのような[モノではなく、コトを提供する仕事]の成果を見える化して上の質問に答えようと思ったのです。

 

価値提供をするという場合に、実際にお仕事をさせて頂いている方から、実際の働きぶりをお話頂くのがいちばん分かりやすいだろう、ということでお時間をつくって頂きました。 

去年の創業当時から1年ほど関わらせて頂いているMAMORIO株式会社の増木代表に代わりに仕事内容や成果についてをお話しいただくことで、(※1)の厳しい質問の答えとしようと思ったのです。

www.pr-table.com

 

本文より引用:

「山口さんは見ている視点が大きいんです。短期的な利益ではなく、大きな“価値”を臨んで力を貸してくれます。そんな山口さんが関わってから会社の時価総額が10倍以上に伸び、成長も実感できるようになりました。一緒にMAMORIOを育ててくれる、心強い社員のような顧問だと思っています」(増木さん)

 

実にありがたいコメントで、恐縮です。

 

クライアントの成功、成長こそが一番のやりがいであり、成果なので、着実に関わる方々(この場合はクライアント以外にも関係者すべてを含む)を幸せにしたいと思っております。

ベンチャー企業は、成長実感が伴いやすいので非常に分かりやすくて良いのですが、勿論、私が関わることですべての方々がうまく行くわけではなく、タイミングや時流、また企業や経営者との相性があるというのが実感です。

そのため、あらかじめ、2−3度お話をさせていただく中で、事業内容や経営チーム、また、業務を一緒にさせて頂くメンバーの方々と知り合った上でのチームプレーがうまく働くことがいちばん大事だなぁと思います。(クライアントに感謝です。)

 

 

ということで、54社もたまには仕事しているということを理解いただければ、幸いです。

あと、PR-Tableもカッコいい感じのサービスなので気に入ってます!(ありがとう!)